フジッコ クロクロ 成分

フジッコクロクロの成分からダイエットへの効果や副作用をリサーチ!

フジッコクロクロはダイエット食としての効果だけではなく、その高い安全性から、お子様やご年配の方も安心して食べられる健康食品といわれています。

 

 

ダイエット食品の中には体への影響を考慮していないものも多数ありますし、より安心できるものを摂りたいという気持ちがありますよね。

 

そこでクロクロに使われている原料や含まれている成分をリサーチし、その安全性を確認してみました。

 

 

こちらがフジッコの公式ページに表記されているクロクロの原料や成分の一覧になります。

 

原料は全部で4種類。
黒酢黒大豆りんご果汁は全て国産のものとなっていますし、滋賀県の黒大豆、青森県のりんごと、それぞれ名産地の原料が使われているみたいですね。

 

唯一はちみつだけがアルゼンチン産と海外産になっています。
アルゼンチンは世界第2位のはちみつ輸出国で、その品質管理も徹底しているとのこと。
日本の家庭にあるはちみつのほとんどはアルゼンチン産のようです。
クロクロに使われている全部の原料が国内産…というわけではありませんが、安心して口にすることができそうですね。

 

 

続いて表記されている栄養成分ですが、これら全ては原料由来の成分となっていそうです。

 

  • たんぱく質、脂質、糖質、食物繊維、大豆イソフラボン、アントシアニン

この辺りが黒大豆由来の成分。

 

  • カルシウム、鉄、酢酸、

この辺りが黒酢由来の成分といったところでしょうか。

 

ナトリウムだけが原料由来の成分ではないように見受けられますが、こちらは味をまとめるお塩の代わりとして使われているのだと思います。

 

 

原料、成分表から見てもフジッコクロクロはダイエットや健康維持を考えたものだけを使用し、高い安全性を誇っている食べ物だと考えることができそうです。

 

更に一食103Kcalという低カロリーさも誇っていますので、お子様やご年配の方はもちろん、ダイエット食としても人気が出ている理由が分かりますね。